スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
北の迫力!?除排雪事情。
2008 / 01 / 28 ( Mon )
排雪来た~っ!
今日は最新作をご紹介できる予定でしたが
とあるモノが来たために一日延期。(笑)  

          これ→

我が家の前の通りに除排雪が入ったのです。

この通り、雪のためかなり狭くなっていました。
すごく細いわりには幹線道路の役割を担っているので交通量が多めです。

冬場は道路パトロールカーがたびたび通り、
道路の状態をチェックしてまわっているのですが
最近その車をまた見かけたので、そろそろ排雪が入るハズ!と待機していました。


こちらではなんとなく「除雪」と「排雪」というのを使い分けておりまして
文字通り、「除雪」はただ雪を横によけていくだけ
「排雪」はよけた雪を削ってロータリー車でトラックに吹き上げ、雪捨て場に運んでいってくれます。

前述の通り、交通量が多いので除雪・排雪は深夜から朝方の作業。
大きな除雪車が、これまた大きな音を立てて(仕方ないけどね・・・笑)頑張ってくれます。

除雪の時は、次の朝、除雪車が横によけていった雪
つまり家の前をふさぐように置かれた雪をどけなくてはいけません。
道路を削った雪はひきしまって氷になっているので、とても重いのです。


さて、昨晩のように排雪の時は・・・!!!
ロータリー車では、写真のように電信柱ぎりぎりのところまでしか削れないので
家から電信柱までの間の雪を持っていってもらうべく
せっせと雪を運びます。(笑)
我が家には雪を捨てる場所がほとんどないので、この時がチャ~ンスキラキラ

ある程度のところまで雪をだせば、グレーダー↓が一緒に削って持っていってくれますが
除雪車に近づくと危険ですし、作業の邪魔になって迷惑をかけることになるので
タイミングが非常に大切。

除雪車の音が聞こえてきたら、すぐに窓の外を見て様子をうかがい
「排雪」と決まれば活動開始!
でも、ここで焦ってはいけません。
除雪車の運転手さんは、その作業に見とれるほど上手に雪をどけていってくれるので
私達が無駄に労力を使う必要はないのです。
作業車が遠くにいる時や休憩で停まっている時に、
除雪車では届かないところの雪だけを少し崩して少し道路側へ押し出しておくスコップ
これがポイントのようです。


この家に住みはじめて4回目の冬、ここの道路除雪ルールもだいぶ学びました。(笑)
ちなみに昨夜は比較的早い8時半くらいからだったので、
私も頑張るつもりだったのに子供達がまだ寝ておらず
いつも通り、ほとんど腰痛持ちのパパが頑張ってくれました。
太郎はじきに眠ったものの、花は初めて見る除排雪イベントに狂喜して
ずっと窓にはりついておりましたとさ・・・

グレーダーが削る!


あぁ、なぜ私はこんなに熱く除排雪の話をしているのでしょう・・・。(笑)
ともかく、我が家の前が久々にスッキリして嬉しいということできゃっ
お騒がせいたしました。。。



いつもどうもありがとう 今日もよろしくお願いいたしま~す♪(人ゝω・)♪
 ←ぽちっとクリックひめりんご

 ←こちらもぽちっ青りんご


スポンサーサイト
10 : 26 : 10 | 日々のつれづれ | trackback(0) | comment(16) | page top↑
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。