スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
これ、なんのカバーでしょう?
2014 / 05 / 16 ( Fri )
書道バッグカバー

時代は変わりますねぇ。
小学校で斡旋販売される書道セット、最近はとてもおしゃれになっている?ようで
昔ながらのものとはかなり見た目が違います。

花は今年3年生、毛筆の授業がはじまりますが
それに先だって斡旋販売のカタログを持ち帰ってまいりました。

我が家には、歴史を感じるものの方が好き、という古風な兄がおりまして
その兄が2年前書道を習いにいくにあたり
収納、見栄え、品質などを吟味した結果、
むかぁしながらの黒い書道セットを選んだのですが
その際、花も欲しがったので、いずれは使うものだからと
お揃いで朱色のセットを購入したわけです。同時購入で割引もありましたしね。
花も満足しておりました。当時は。

そう、当時は。
しかし、時代は変わり、
マズイことに、花は兄とは打って変わり、
ズバリ流行にのりたいタイプです。

さぁ、困りました。
花は目をウルウルさせて、可愛いキラキラ書道セットを買ってーっ!!!と叫びます。

よくよく、考えましょうよ。
この朱色のセット、モノは良いのよ。
見かけが違うだけで、中身は一緒なのよ。

いやだーっ!こんな古いの恥ずかしい!可愛いのが欲しい!

そう、気持ちはわかるわ。でもこれは古くはないの、新品よ。
じゃあじゃあ、可愛いカバーを作るっていうのはどうかしら?
花の好きな柄で作るから。


そうしたわけで、私の好みからは脱線しているこんなカバーが完成しました。
不思議なもので、自分の好みではないけれど
娘が好きだと言っていると、なんとなく可愛いのかも?と思えてくる
親ばかひめりんご*でございます。

ちなみに、肩にかけて運びたいとの希望により
兄と同様、他のバッグから流用したショルダーひもをつけてあります。
そこのカッコ悪さは気にならない模様・・・なぜ。

以上、書道バッグのひと悶着についての報告、終わり。


スポンサーサイト
10 : 35 : 44 | Handmade | trackback(0) | comment(2) | page top↑
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。