スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ストレス激減!
2008 / 06 / 18 ( Wed )
さて、早速きのうの続きを!
ミシンの置き場所は変えたのですが、どうにもキッチンの片隅の日陰にあるため
うまく写真が撮れません。仕方がないので昨日の見づらい写真のまま・・・m(__)m
いえね、お日様はしっかりあたりませんが、その存在感はスバラシイのですよ! 念のため(笑)

あの日、太郎が帰ってきて新しいミシンを見つけ
「ねぇ、ママ、使ってみてー!!!」というので
もちろんよーっ♪とばかりに、少し縫って見せると
「なんか、音が違っていいねぇ。」ですって
3歳児にもわかる、このスバラシサ (はい、ワタクシ、確かに浮かれてますよー。許して! 笑)


自動糸切り&下糸巻き《自動糸きりボタンと下糸巻きボタン》

自動糸切り。
フットコントローラーから足を離すと、布に針が刺さった状態まで少し動いてから止まります。
そして、そこで自動糸切りボタンを押すと、針が自動的に上がって、ガチャンと糸が適度な長さで切れるのです。
生地に残る糸の長さも、全部縫い終わって後にまとめて切ればいいくらいに邪魔にならない長さで切れるし、
また、針の方も、次に縫い始めるときに針から糸が抜けてしまって入れなおし・・・なんてことがありません。
今まではこれが嫌で、長めに残して糸を切っていたので糸の無駄も省けますねぇ。

下糸巻き。
今まで手巻きだった下糸。(爆)
別モーターで動きます。 カタログなど商品説明には、”縫っている最中でも下糸が巻けるので便利”と書いてあります。
いちいち縫っている途中の糸をはずして、かけなおして・・・という手間が全くありません。快適です。
速さでいえば、はっきりいってその間に縫っている暇もないほど速く巻き上げてくれます。
さーて縫おうか!なんて、押さえを上げて生地をあわせているうちに終わっちゃう。
もちろん、巻き終わると自動的に停止。ああ、スバラシイ。

あぁ、手巻き時代。。。
手がすべってコロコロコローっとボビンが視界から消え、細い1本の糸だけが手元に残るあのストレスがーん
巻いている間に、どんどん糸に撚りがかかっていくあのストレスがーん
均一にならず、なんとも不細工な姿だったあのボビン糸がーん
そんなすべてにサヨナラです!


返し縫いレバーお次は、
《返し縫レバー》

軽くて幅広でとても使いやすいです。
今までのミシンは、針の上の辺りに縫い開始のスイッチボタンがあったのです。
(フットコントローラーのない機種だった。。。ありえん。)
そして本体の右端に固くきつい返し縫いボタンがありました。


だから、縫い始め&縫い終わり、どちらの時もスイッチボタンを押し、すぐに遠く離れたかたいボタンをぎゅぎゅっと怪力で押す(もしくはその反対)という作業をしなければならず、当然片手を離した生地はアッチ向いたりコッチ向いたりするわけで縫い目がまっすぐになりません。

レバーよりもフットコントローラーによるところが大きいですが、
この返し縫いのストレスもなくなりました!


0617 ひざ上げレバー《ひざ上げレバー》

はい、こちらがひざ上げレバー。
手を使わずに足で押さえの上げ下げができるというものです。
しかしながら、テーブルの下に優雅な開きスペースがないと機能しません。(っていうか、普通あるよね。。。)
写真を撮るために、テーブル下のワゴンを左にずらしてみたけど
この状態でも、とにかく足が入らないことには使えません。
普通に椅子に座って、テーブルの下に足を置ける状態で使うものです。

今日は移動後のテーブル下/優雅な開きスペースを使って
試してみようと思っています
(いや、優雅じゃなくてそれが普通だって!)

針板《針板》

針からの距離がすでにしっかりと刻まれた針板。
5ミリ、7ミリの線まであります。7ミリ縫い代の多い帽子には、大変ありがたい!
もう、ミシンにマジックで目印の線を書いたりしなくていいわけです。(笑)

右にある丸いところがアタッチメントを取り付けるところ。
クロスガイドというステッチ定規のようなものなどは、ここにつけます。
針の押さえの支柱?につけなくていいので余計な力がかからずにすみ、ここでも針がぶれることがありません。


今までと押さえの形や幅が違うので、生地の見える範囲が違い
少し練習して、感覚を覚えないといけません。
体で覚えて1センチ・5ミリ間隔のステッチとか、サイズテープのキワ縫いとかをしていたのに
それが通用しないので。
たくさん縫って、早く慣れないと!

きのうのキャップ。遠目は一応形になっていますが、縫い目は惨憺たるものです。
もちろん、一目一目縫い目そのものはとてもキレイなのです。
上糸も下糸も、どちらが裏かわからないくらい、ぴしっと揃っています。

ただ、感覚がまだつかめず下手なので、見るに堪えない曲がりっぷりで。
密かに自慢だった(笑)サイズテープつけも悲惨でした。あはは・・・
でも、以前のミシンのパワーでは(B)CAPを縫うことができなかったのは確か。
103のおかげで、下手でもスイスイ縫い進めることができたんだってことは
ものすごく実感しています。
分厚いところもスーイスイでございますよー!



では、今日はこのへんで。

あ、お弁当お弁当。 きのうも太郎を迎えに行きましたわ。。。
なかなか治りきらない、しつこい風邪です。
今日の太郎弁当 080618
ちなみにキティちゃんは太郎のリクエスト。なぜに、女の子キャラ?(笑)






ランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックの応援をどうぞよろしくお願いします福助
←ぽちっとクリックひめりんご

 ←こちらもぽちっ青りんご
14 : 00 : 09 | 日々のつれづれ | trackback(0) | comment(4) | page top↑
<<なんちゃってNIKE ♪ | Top | 新しいミシンで(B)CAP!>>
comment
--おとやんさん♪--

少しだけでも、お役に立てたようでよかったです(^^)
おとやんさんはかなりお洋服も縫われるから、やっぱりあるといいですよね!

前のミシンを買った時は、私もこんなに活用するとは思っていなかったし、毎日使うものだなんて思ってもいなかったのです。
使うようになると、意識的なそのニーズに、やっぱりよりいいものが欲しくなりますねぇ。

今、おとやんさんのミシンは元気いっぱいなのですか?変な質問ですね(笑)

全く動かないくらい壊れちゃったら思いきれるけど、中途半端に動くとこれまた・・・。
それに割りにいいミシンならなおさら、修理したほうがいいかな?なんて思ったりもしますしねぇ。
by: ひめりんご* * 2008/06/19 17:34 * URL [ 編集] | page top↑
--ボロットさん♪--

あはははっ、うけます~っ!!!!!

いやいや、確かにねっ。(笑)
そういえば、私もやむを得ず床にミシンを置いて縫っていたときばかりは、「フットコントローラー式」じゃなくて良かったと思ったものでしたわ。
可笑しいっ!ボロットさんってば、ほーんと、ツボツボ!

鶴の恩返しを思い出しつつ、ボロットさんのソンナ姿を思い浮かべつつ
あ、待てよ、鶴の・・・は優雅だけど、ボロットさんは・・・ぷぷっ!なんて大笑い。

ミシンを使うにも身体の柔らかさが要求されるわけですね!(笑)
by: ひめりんご* * 2008/06/19 17:24 * URL [ 編集] | page top↑
--下の記事では--

ロックミシンについてお答えくださってありがとうございました。
参考になりました。
もう少しばりばり縫うようになったらぜひ購入したいな。
そして職業用ミシンってすごいですね。
下糸を自動で巻くですと??
驚くばかりでございます。
そして結婚時に、そう安くもない家庭用ミシンを
買ってしまったことを後悔・・・。
家庭用って確かに一目一目がまっすぐじゃないですね。
by: おとやん * 2008/06/19 10:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

新しいミシン、ますますいいですね~♪分厚いところが スイスイはホントによろしいわ。やはり、縫い目と馬力は職業ミシンですものね。
宝くじはずれたので まだまだ買えませんけど。。。(笑)

ひざ上げレバー。あってもうちでは使えないです(TT)
私、座卓テーブルに置いて使ってるんですが、フットコントローラーを膝を使って使うことが出来ずに 立膝で足で踏んで使ってるんです。とても優雅とは程遠い「けっして、覗かないで下さいね。。。」状態です。
優雅な隙間がないですが、狭苦しさで作っております(爆)姿勢が悪くなるので テーブルを買おうと思って 早1年以上経っております。。。
by: ボロット * 2008/06/18 18:08 * URL [ 編集] | page top↑
commentの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
トラックバックURL
http://happymoery.blog87.fc2.com/tb.php/318-233c0741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。